COURSE 7
  • 釧路
    (たんちょう釧路空港)
  • 北見
    (女満別空港)

北海道だけのさまざまな野生動物や花々との出会いを求め、
世界自然遺産・知床をはじめとする北海道の雄大な大自然と、
そこに根差す文化に触れる旅です。

各施設情報については変更になる場合がありますので事前のご確認をお願いいたします。

1日目

釧路空港

  • 釧路

たんちょう釧路空港

周辺には多くの観光スポットが点在

空の玄関である釧路たんちょう空港には、北海道や道東ならではの味覚が大集合!搭乗口のある2階には、銘菓・民芸品・海産物・農畜産物など、北海道全体で人気のあるお土産品から道東でしか手に入らない珍しい逸品までご用意しております。

住所 釧路市鶴丘2番地
電話番号 0154-57-8304
営業時間 7:30~20:30(店舗の営業は店により異なる)
定休日
料金
詳しく見る
  • 車:約30分
  • 釧路

道の駅「阿寒丹頂の里」クレインズテラス

地元グルメや特産品が揃う道の駅

地元特産品からクラフト製品まで幅広く販売しています。釧路産スケトウダラを使用した「くしろフィッシュ&チップス」などの地元グルメも人気。敷地内には、1年中タンチョウに会える阿寒国際ツルセンター「グルス」や日帰り温泉などもあります。

住所 〒085-0245 釧路市阿寒町上阿寒23線36
電話番号 0154-66-2969
営業時間 5月~9月 9:00~18:00
10月~4月 9:00~17:00
定休日
料金 国際ツルセンター入場料/大人480円・ 小人250円
詳しく見る
  • 車:約40分
  • 釧路

阿寒湖畔エコミュージアムセンター/ボッケ遊歩道

阿寒の自然と季節の情報を発信、ボッケで大地のエネルギーを感じよう!

阿寒摩周国立公園阿寒地域の自然環境や特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」を展示しています。施設裏手から北に約15分ほど遊歩道を歩くと、地中から水蒸気や泥湯が噴き出す「ボッケ」が現れます。

住所 〒085-0467 釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-1-1
電話番号 0154-67-4100
営業時間 9:00~17:00
定休日 火曜(祝祭日の場合は翌日)、年末年始
詳しく見る
  • 車:約5分
  • 阿寒

阿寒湖温泉で夕食

  • 車:約5分
  • 釧路

阿寒湖アイヌシアターイコㇿ

迫力の舞台でアイヌ文化を今に伝える

「アイヌ古式舞踊」や「阿寒ユーカラ『火のカムイの詩』」、アイヌ伝統舞踊とデジタルアートが融合した「阿寒ユーカラ『ロストカムイ』」の3演目を上演。迫力満点の舞台を通してアイヌ文化を体感しよう。

住所 〒085-0467 釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目7-84
電話番号 0154-67-2727
営業時間 9:00~21:30
定休日 休業日 10/9、12/31~1/2
料金 アイヌ古式舞踊 大人(中学生以上)1,500円 小人(小学生)700円 未就学児無料
阿寒ユーカラ「火のカムイの詩」 大人(中学生以上)2,000円 小人(小学生)700円 未就学児無料
阿寒ユーカラ「ロストカムイ」 大人(中学生以上)2,200円 小人(小学生)700円 未就学児無料
詳しく見る
  • 車:約5分

阿寒湖温泉で宿泊

2日目

阿寒湖温泉で朝食・出発

  • 車:約50分
  • 弟子屈

道の駅「摩周温泉」

地元グルメと足湯で長旅の疲れを癒す

地元特産品や工芸品が並ぶ直売所のほか、テイクアウトコーナーではソフトクリームやエゾシカバーガーが味わえます。敷地内にある源泉掛け流しの足湯で、ゆったりと長距離ドライブの疲れを癒すことができます。

住所 〒088-3203 川上郡弟子屈町湯の島3丁目5番5
電話番号 015-482-2500(観光案内所)
営業時間 5月~10月 8:00~18:00
11月~4月 9:00~17:00
定休日 年末年始(12/30~1/3)
詳しく見る
  • 車:約130分
  • 斜里

知床五湖

知床連山や原生林を湖面に映す絶景

5つの湖を原生林の中を野生の息吹を感じながら散策。野生動物が活発になる夏、湖面に映る知床連山の紅葉が美しい秋、凍り付いた湿地帯・湖の上を歩く冬など四季折々の魅力があります。

住所 〒099-4356 斜里町字岩尾別 (知床国立公園内知床五湖園地)
電話番号 0152-24-3323(知床五湖フィールドハウス)
営業時間 4月下旬~11月下旬
4/20~7/31 8:00~18:30
8/1~9/15 7:30~18:30
9/16~30 7:30~18:00
10/1~20 7:30~17:30
10/21~31 8:30~17:00
11/1~8 8:30~16:30
詳しく見る
  • 車:約30分

ウトロ温泉で夕食・宿泊

3日目

ウトロ温泉で朝食・出発

  • 車:約140分
  • 常呂

常呂で海鮮丼など

ホタテ養殖発祥の地である常呂で、名物のホタテやカキ、タコなど、新鮮な海産物たっぷりの海鮮丼を食べよう。

  • 車:約20分
  • 北見

ワッカ原生花園(ネイチャーセンター)

サロマ湖を一望!国内最大級の海浜植物群生地

300種以上の草花が咲く海浜植物の一大群生地。ネイチャーセンター開館中は、レンタサイクルで草花や野鳥たちを眺めるのも一興。サロマ湖を一望する美しい夕景やアッケシソウ(サンゴ草)が紅葉する9月頃も見どころ。

住所 〒093-0216 北見市常呂町字栄浦242-1
電話番号 0152-54-3434
営業時間 4~5月・9月~10月 8:00~17:00、6~8月 8:00~18:00 ※営業期間4/29~10/10
定休日 4月29日~10月10日まで、開館中無休
料金 レンタサイクル 中学生以上650円、 小学生以下320円
ベロタクシー(定員2名) 大人2名乗車3,500円、 大人1名乗車2,000円、小学生1名乗車1,000円、 未就学児無料
詳しく見る
  • 車:約10分
  • 北見

ところ遺跡の館

北海道の古代の歴史と謎に触れる資料館

復元された竪穴式住居などの集落遺跡が広がる国指定史跡「常呂遺跡」が整備・公開された「ところ遺跡の森」のガイダンス施設。旧石器時代からアイヌ文化期までの貴重な考古遺物や資料が展示されています。

住所 〒093-0216 北見市常呂町栄浦371
電話番号 0152-54-3393
営業時間 9:00~17:00
定休日 月曜日・祝日の翌日(祝日の場合は開館)、 12/29〜1/5
料金 一般280円、高校・大学生160円、 小中学生・70歳以上無料
詳しく見る
  • 車:約60分
  • 北見

北見焼肉など夕食

市内に60店以上もの店舗がある焼肉の街・北見。サガリやホルモンなど市民は内蔵肉好きが多く、メニューも豊富です。

北見市内のホテルで宿泊

4日目

北見市内のホテルで朝食・出発

  • 車:約5分
  • 北見

北見ハッカ記念館・薄荷蒸溜館

「北見ハッカ」を学んで体験できるスポット

昭和14年の全盛期に世界シェアの約7割を占めていたという北見のハッカ産業の歴史を今に伝える資料館。メントールのさわやかな香りが広がる施設内では、ハッカの蒸留実演の見学やアロマクリーム体験などもできます。

住所 〒090-0812 北見市南仲町1丁目7-28
電話番号 0157-23-6200
営業時間 5〜10月9:00〜17:00、11〜4月9:30〜16:30
定休日 月曜日、祝日の翌日(月曜日が祝日の場合は開館、 翌日は休館。金・土曜日が祝日の場合は 翌日は開館)、12/30〜1/6
料金 入館無料
詳しく見る
  • 車:約5分
  • 北見

北見市でオホーツク北見塩焼きそば

北見産のタマネギや身が引き締まったホタテなど、地元の味しい食材を、オホーツクの自然塩を使って開発した塩だれでまとめた塩やきそば。

  • 車:約40分
  • 北見

女満別空港

オホーツク地方の空の玄関口

網走市や北見市などの周辺市町や世界遺産・知床への空の玄関口。北見たまねぎやオホーツク海のホタテなど、地元食材を使ったメニューが味わえるレストランに、土産店で買える北見銘菓「赤いサイロ」も人気。

住所 網走郡大空町女満別中央201-3
電話番号 0152-74-3115
営業時間 8:00~21:00(店舗の営業は店により異なる)
定休日
料金
詳しく見る

女満別空港

PAGE TOP